浜名っこ大佐blog@仮設

hamanakkot.exblog.jp ブログトップ

日本じゃ難しいだろうけど、、ちょっと憧れますね…

http://rocketnews24.com/2011/07/11/111350/

ドイツのとある女性の生き様が、現地メディアで取り上げられ、注目を集めている。
彼女はこれまで15年間、お金を一切使わずに生活しているというのだ。
しかし、彼女はホームレスではなく、衣食住に不自由なく暮らしているという。

中略

お金を使わずに生きる女性、ハイデマリー・シュヴァルマーさん(69歳)の人生は、
決して楽な歩みではなかった。東プロイセン
(現在はポーランド、ロシア、リトアニアが分割統治)で生まれた彼女は、
第二次世界大戦後に家族と共にドイツに難民として移住した。
大人になり20年間教師として務めた後に、精神科医として働くこととなった。

学校教師として働いている間に結婚し、2人の子どもを設ける。
しかし、夫との関係がうまく行かずに離婚し、女で1人で子どもたちを育てることとなる。

そんな彼女の人生に大きな変化が訪れる。
1989年、2人の子どもを連れてドルトムント市に引っ越したときのこと、
彼女は多くのホームレスの姿を目の当たりにし、衝撃を受けた。
彼らのために何かできないかと思案した末に、
1994年「譲り合いセンター(Give and take central)」を設立する。

これは、お金を使わずに価値を交換する施設である。
たとえば、古着を台所用品と交換できたり、
車に関するサービスを提供する見返りに、配管サービスを受けられたりなど、
価値と価値を交換することができるのだ。
この施設は、数多くの失業者の助けとなり、
彼女のアイディアを真似した施設が、ドイツに多数誕生した。

お金にはならなくても、知恵や技術を持ち合わせた人が集まることにより、
お互いを助け合うコミュニティが形成されたのだ。

引用終わり、詳細はリンク先にて。

言うまでも無く生きるためには
いくばくかのお金を必要としますが
ハイデマリーさんのように
必要なものを何かしら交換するなり
サービスの対価を受ける事により生計を立てるのも
一つの生き方として有りかと感じました、、、

但し、この人、とてもマメそうですよ…
リンク先にトレーラーが有りますが
細々と動いていました。

実は一般社会で経済活動をするより
マメに動かないとこの暮らしは成り立たないのではと思いました。

そうそう、こんな人が日本にも居ます。
http://www.blife.asia/
ご参考までに…
[PR]
by hamanakkotaisa | 2013-03-07 04:24 | 社会
line

社会の主役ならずとも 浮世の末席より世を見渡す、、、


by hamanakkotaisa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31