浜名っこ大佐blog@仮設

hamanakkot.exblog.jp ブログトップ

平成のカミカゼ

FaceBookでお友達の若い娘さんの日記より
引用させていただきました。〔本人了承済み〕

※※※佳


飛行機疲れたー♪
飛行機に乗ると空を見て思うんだけど、
  私のお父さんは航空自衛隊の要撃機パイロットで、
  F-15DJってやつに乗っていて若手のパイロットを育てていました!

敵機が領空侵犯したときに日本は撃てないからどうするの?って私が聞いたら、
  無線で入ってくる言葉は
「然るべき対応を」だけだそうです。

「撃て」ではないんです。
つまり、必要とあれば、接触事故に見立てて
  敵機と空中で正面からぶつかって爆発しろってことです。
いつも緊急で出動するお父さんを泣きながら玄関まで見送りました。

だから、私も人を守りたい、知らない間に父の背中を見ていたんだと思う!
  お父さん、ありがとう!!

引用終わり

念のために個人情報は伏せましたが
最近きな臭くなってる地域の近くにお住まいの方です。

ご存知の通り、領土問題や領空侵犯などで
近隣諸国とのいざござが増えていますが
国防の最前線でまさに生死をかけた究極の判断を迫られる自衛官の方々の
決死の覚悟には頭を垂れるばかりです。

かくも現場の自衛官がこんな苦労をしてるとは露知らず
ただ恥じ入るばかりですが
それ以上に政治や立法が彼らの決死の労苦に報いるべく法整備をしていれば
上記のような苦労を掛けさせないのと痛感しました。

ご存知の方も居るでしょうが
現行の自衛隊法には交戦規定や停戦規定などの条項が記載されていません。
一旦戦端を切ったら一兵残らず死ぬまで闘い続けなくてはなりません。

そもそも交戦する気も無いつもりで制定した自衛隊法でしょうが
制定された当時と違い
近隣諸国のちょっかいを受けてる立場の昨今の日本では
いよいよ現法の見直しを検討すべき時期に差し掛かっています。

平和が一番なのは当然ながらも
平和を守る国防の最前線に居るパイロットを
カミカゼよろしく見殺しにするような
法規制は如何な物かとも思います。

皆様もご一考下さい。
[PR]
by hamanakkotaisa | 2013-03-16 21:31 | 社会
line

社会の主役ならずとも 浮世の末席より世を見渡す、、、


by hamanakkotaisa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31