浜名っこ大佐blog@仮設

hamanakkot.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

自分用備忘録

http://kanpou.npb.go.jp/20101029/20101029g00228/20101029g002280005f.html

上記リンク先pdf注意、

幾つか知ってる団体が有りましたが
ごそっとあぼーんされたようですw

政治運動も大変でしょうが
不景気だけじゃあ無い別の理由も有りそうですね、、
[PR]
by hamanakkotaisa | 2010-10-30 06:05 | 社会

後は自分で判断して下さい、、



会話の主が不明なので
ヨタ話に聞こえますが
嫌なリアリティーを感じる動画です、、

事の真偽はご自分でご判断下さい。
僕は知りませんw
[PR]
by hamanakkotaisa | 2010-10-28 22:56 | 社会

楽しそうだなw



メッサーシュミットのコクピット動画です。

メッサーシュミット自体も珍しいですが
そのコクピット動画もなかなかお目に掛かれる物では有りませんw

つい見入ってしまいましたが
遊園地のゴーカートを彷彿させる運転で
何か楽しそうですね。

まあ、これを買えと言われても
維持の手間を考えると二の足を踏みますがw
[PR]
by hamanakkotaisa | 2010-10-27 04:36 | 雑記

凄いなあ、ハコ乗りw

こりゃあ楽しそうだ!
そりゃあ落選して当然な気もしますがw
e0080201_2125034.jpg

[PR]
by hamanakkotaisa | 2010-10-24 21:03

ウリナラF1GP無事?終了w




さて、モータースポーツファンなら
もう見たくない、語ることも無いであろう
ウリナラF1GPが無事?に終了しました。

まあ、あちこちのまとめサイトで散見されますが
かなりの問題点を抱えた今回のウリナラF1GPです。

決勝のまとめ

・水はけが悪く雨がほぼ止んでいても視界ゼロ
・SC先導スタートも4周で赤旗中断
・50分中断をはさんでSC先導でリスタート
・マシンが火を噴くもマーシャル来ずドライバー自ら消火
・日没時間を過ぎて真っ暗(照明設備なし)でもレース強行
・ドライバーがナイトレース発言
・24台中9台リタイア(マシントラブル1台)
・優勝車の平均速度は109.997km/h (大雨の2007年富士は151.978km/h)
・レース中コントロールタワー停電で連絡取れない
・SC出てるのに緑旗振ってたマーシャルにFIA職員が直接言って辞めさせた
・10日前に降った雨水がコース脇の溝に残っている
・目の前でクラッシュあってもマーシャルはちんたら歩く
・開催期間中の夜中に突韓工事
・レースがスタートしても、周辺道路は大渋滞
・リスタート後はすぐに雨がやんだのに、結局40周以上ウエットコンディション
・ブラシで水はけ,ピットに吸水氏を敷く
・レッカーが赤土まき散らしながらコース内走行
・コースに赤土が流れ込む。

何事もなく無事に終わりましたw

致命的な大事故にならず一安心でしたが
今回、明らかになったのは
韓国はF1を初めとするモータースポーツに
一切の敬意を払っていない事です。

まずはサーキットへのアクセスの悪さに始まり
宿泊施設がラブホテル、
コースマーシャルなどの人員の教育を疎かにした事、
左近コーナーに代表される出鱈目で稚拙なコース、
最悪の事態を想定した医療体制の手配が杜撰との情報も?
(軍のヘリコプターで搬送するでしょうがドクターは手配出来ていたのか?)

先のWCの不手際を彷彿させる今回のウリナラF1GPです。
どうせ、今後も相変わらず二度も三度も同じ失敗を繰り返して
国際的な信用を損なうのは彼らも慣れっこでしょうが
冗談抜きにモータースポーツは
小さな失敗が死と直結するほどシビアなスポーツイベントです。

ドライバー、ライダーは勿論の事
コースマーシャルやピットクルー、
主催者の判断一つで歯車が狂ったら
いとも容易く大惨事を引き起こすのは良くある話です。

かつて日本は国内で初めてGPを、F1を開催するにあたって
並々ならぬ細心の注意と準備を重ねてイベントを成功へと導きました、、

それは国際格式のレースをアジアで開催する為の
自己顕示欲を満たす為の浅ましい功名心から来るものではなく
世界最高峰のレースとレーサーへの敬意を払ってたからこそ
絶対失敗させない意地を以って入念に準備を進めていたのです。

今回のウリナラF1GP
無事にこそ終了しましたが間違っても国際的な評価は得られません。
韓国の失敗はモータースポーツへの敬意が微塵も無い所が事の全てです。

韓国のモチベーションは焦って国際社会に肩を並べんとする
卑しい功名心と自己顕示欲に他なりません、、、

そこに安全管理とホスピタリティーなど微塵も無く
水はけもろくに出来ない、フリー走行でいとも容易く陥没する路面が
それで全てを物語っています、、

今後の韓国に必要なのは
猛省のみです、、

ウリナラF1GPの終了を成功とは看做さないのは
全てのモータースポーツファンの一致した意見です。

本気で国際イベントを自国で開催したいのなら
今まで以上の安全管理とホスピタリティーを整備すべきです。

本来はそう言う事は人に言われる前に自分でやるべき事ですが
人に指摘されなければ動かない、または言われなければやらないと言う事は
主催者として人も組織も半人前である事を付け加えておきます。
[PR]
by hamanakkotaisa | 2010-10-24 19:19 | 雑記

ちょっとヤバい日本海

http://news.nate.com/view/20101020n01753?mid=n0204

上記リンク先、韓国の記事ですが
大雑把ながらエキサイト翻訳にかけました。
以下翻訳文

中人民解放軍、年内平壌(ピョンヤン)駐留?

東亜日報原文記事転送2010-10-20 03:48最終修正2010-10-20 11:34

[東亜日報]北京消息筋“北朝鮮軍現代化支援名目…最小数千名”

政府“北‘しばしば’基調背反-米日反発予想…現実性なくて”

中国人民解放軍が早ければ今年平壌(ピョンヤン)郊外周辺巡按に
戦闘兵力を派遣して駐留させる可能性があると北京の北朝鮮消息筋が19日伝えた。
人民解放軍が北朝鮮に進入すれば6・25韓国動乱(朝鮮戦争)が終わった後
1950年代に韓半島で病歴が撤収した後50余年ぶりに初めてだ。

この消息筋は人民解放軍の平壌(ピョンヤン)駐留は名目上では
北朝鮮軍現代化事業を支援するためのことが分かっていて
派遣病歴規模は2,3個トァン(団・韓国の連隊級で病歴は2000~3000人)で
最小数千人に達することだと伝えた。
病歴を指揮する一部中国軍将校らに対して北朝鮮は朝鮮語と
地理風習などに対する教育を中国で進行中だと知らされた。

一部では人民解放軍の平壌(ピョンヤン)駐留目的が軍現代化支援でなく
キム・ジョンイル国防委員長の後継者で公式宣言された3男キム・ジョンウンを
保護するためのものという分析もある。
まだキム委員長が健在だがキム委員長の死亡など混乱が発生した時
キム・ジョンウンを保護するために中国軍を活用しようとするということ。

中国軍の韓半島進入は韓半島および東北アジア安保地形にも
大きい影響を及ぼす懸案でありキム委員長の大衆外交路線にも
根本的な変化があることを見せると見られる。
キム委員長は中国から政治経済外交的支援を受けながらも
二度核実験をするなど自主を強調してこちこちな姿勢を見せてきた。
だが、後継体制安定のために“信じることは中国しかない”と判断したし
中国軍の介入まで要請した場合もあると対北朝鮮消息筋は分析している。

だが、自主と先軍政治を強調してきた北朝鮮で中国軍の駐留を
たやすく受け入れないという見解も侮れない。
先月28日開催された北朝鮮労働党代表者会が当初日程より20日ほど
遅れたのも権力構造改編過程で軍部の地位と影響力が減って
軍部が反発したためで知らされた。
また、人民解放軍の北朝鮮進駐が確認される場合、
米国と日本などからの反発も予想される。

韓国政府当局者らも否定的な意見を現わした。
大統領府当局者は“3代世襲に対する住民たちの世論が良くないが
事大主義という批判を受けることができることができるか”と反問した。
外交部当局者も“北朝鮮は駐韓米軍撤収を主張しながら
自主を強調してきた”として“北朝鮮は中国に依存するが
不信感も大きくて中国軍隊の駐留を受け入れたり志願するということは
常識的に難しいこと”と言い切った。

北京=ク・チャリョン特派員bonhong@donga.com

以上翻訳文

さてさて今年中に宗主国様が
北朝鮮をご指導なさるそうですが
やはり懸念事項は
日本海のシーレーン防衛です。

今までは対馬海峡をきっちり見張っていれば
中国海軍の動きを牽制出来ましたが
今後は北朝鮮海軍は中凶によるテコ入れで増強されるので
自衛隊や米軍の警戒海域がぐんと伸びてしまいます、、

もう一つの懸念事項ですが
上記記事では
北朝鮮の中凶依存は少ないだろうと
楽観視していますが
しかしながら僕の予想ですが
統治能力の衰えた北朝鮮政府を
いつでも押さえ込める体制を構築したと言うのが
キーポイントとなるでしょう、、

中凶も米国や韓国と直接対峙は避けるつもりでしたが
どうやら国内の統制が利かなくなった
北朝鮮の新体制を後押しするか
または直接統治に切り替えて
コントロール下に置かざるを得ない状況下にスライドしたのではとも
勘ぐっています、、

まあ、じわじわと東アジア情勢が緊迫化していますが
日本国内のマスゴミは相変わらず「報道しない権利」を行使しています。

お蔭様で海外のニュースサイトに目を配る習慣が出来ましたw
皆様もネット環境を駆使して
海外の情報源から
日本の、東アジアの
緊迫化状況を把握されれば幸いです、、

追記
ウリナラF1GP、酷い路面コンディションでしたね、、
とりあえずは選手が安全にレースを終えてくれる事を
願っています、、
[PR]
by hamanakkotaisa | 2010-10-22 21:20 | 社会

ジジイへの階段昇る♪

今日はマイミクさせていただいている
Jさんのお誘いで
日光までのツーリングへ出かけてました、、

思えば長距離ツーリングなんて
久しぶりでした、

集合場所へ到着、
すでにお待ちのJさんと
初めてお会いする方と合流

途中、中継地点で
新しいメンバーの方とさらに合流

日光到着後
現地到着組の子とお会いしましたが
始めましてにしては
どっかでお会いしたような、、、

そうそう、10年近く前の
ネットオフ会でお会いした子でした!
当時は少年の風貌の彼も
今日、お会いしたときは
すっかりと社会人の顔つきになっていました。

思わぬ再会に一同爆笑しました。
とりあえず近場で腹ごしらえをしながら
近況報告ですが
やはり思い出話は時を忘れるものです。

そして周辺を軽く流して
さらに休憩ですが
今回のメンバーは同世代が多いので
自然と体力の劣化へと話題が移ります、、

各々腰痛や肩こりなど抱えていますw
バイクの話題は何処へやら
次の行き先は温泉にするかとか
すっかり若々しさを喪失した
ジジイの話題に終始しましたw

日も暮れ始めました、、
一同思い思いのペースで
家路へと走りました、、

僕も先程無事帰宅して
日記を上げています、、

参加者の皆様
今日はお疲れ様でした、、

体が言うことを利かなくなるお年頃ですが
ご自愛しつつもバイクを楽しみましょうw

今日は有難うございました。

e0080201_21132819.jpg





e0080201_21142855.jpg

[PR]
by hamanakkotaisa | 2010-10-17 21:10 | バイク

新垣結衣、ッパねえw

ツイッターより拾いましたが
http://amzn.to/cvxjX2
流石我等の新垣結衣様ですw

上記アマゾンレビューも
新垣結衣様を讃える文章が
引っ切り無しに更新されていますw

しかしながら
女優と言うものは
こうもワイルドに成長されるものですね、、

僕なぞまだまだ精進が足りませんw

追記
竹内力やん
http://amzn.to/bglNrf
e0080201_0382330.jpg

[PR]
by hamanakkotaisa | 2010-10-17 01:38 | 雑記

まさお、ッパネエw

随分とご無沙汰な北の正男君から
こんな爆弾発言が飛び出しましたw

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101015-00000018-cnippou-kr
金正男「天安艦は金正恩の仕業」 父に抗議…KBS報道

中央日報日本語版 10月15日(金)13時40分配信
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の長男・金正男(キム・ジョンナム)が8月末、
中国を訪問した金委員長に会い、
「金正恩(キム・ジョンウン)が天安(チョンアン)艦事件を起こすのをなぜ黙認したのか」と
抗議したと、KBS(韓国放送公社)が14日報じた。

KBSは、中国政府で勤務する金正男の側近の中国人の話を引用し、
金委員長が中国を訪問した8月末、マカオと北京を行き来している長男・
金正男が父の宿舎を訪ね、「『金正恩が無理に貨幣改革(デノミ)を推進して失敗し、
これを挽回するために天安艦事件を起こした。
金正恩の顔が知られる前に起きたことなのに、なぜ黙認するのか』と抗議した」と伝えた。

この側近は「金正男が当時、金委員長に『金正恩が自分の過ちを認めず、
ずっとこういうことを続け、これを父が黙認するのなら、
私も自分の道を進む』と話した」と明らかにした。

引用終わり

ますます泥試合化した北の権力抗争ですが
正男君の爆弾発言が今後の正恩体制にどう影響を及ぼすかは
まだ判りません、、

ただし、北が黙殺するには
ちょっと重た過ぎる正男君の発言では有ります、、

東アジア情勢、ますます混迷の度合いを
深めてまいりました、、
[PR]
by hamanakkotaisa | 2010-10-16 00:00 | 社会

働くおじさん、働く昭和




ニコ動で拾った川崎重工業の記録映像ですが
1950年代の映像にしては
随分と状態の良い動画です。

既に50年以上前の映像ですが
当時の働いている作業員が
何気に誇らしげな顔をしていますし
そして何よりも物造りの楽しさが
映像を通して
充分過ぎるほど伝わってきました、、

何方様も儲からない昨今の不況ですが
物造りにて世界に君臨したる
製造業のプライドさえ朽ち果てなければ
日本経済はしっかりと復活出来そうな気がします。

しかし、T-33,こうやって見ると
懐かしくも美しい形の機体ですね、、
[PR]
by hamanakkotaisa | 2010-10-15 03:39 | 社会
line

社会の主役ならずとも 浮世の末席より世を見渡す、、、


by hamanakkotaisa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー