浜名っこ大佐blog@仮設

hamanakkot.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

静かな告白



上記動画、ちょっと長いですがご覧下さい。


元東電技術者で福島第一原発の
原子炉の運転や核燃料の管理をしていた木村俊雄氏が主たる
ドキュメンタリーです、、、

元技術者だけ有って
相当の重みを感じる発言の数々です。

事故から半年以上、先の見えない福島原発の状況ですが
10数年前の当時から
技術者の立場で警鐘を鳴らしていたのは
良心ある技術者として氏の当然の振る舞いだったのでしょう、、

しかし残念ながら彼の上司を初めとする東電の事なかれ体質が
今回の悲惨な原発事故を引き起こしてしまいました、、、

今後の事を考えるのは気が重くなりますが
それでも生きていくために上記動画をじっくりとご覧下さい。

追記、
最近、原発がらみのドキュメンタリーが
妙に早く削除されたりします。
動画閲覧はお早めに!
[PR]
by hamanakkotaisa | 2011-11-30 03:14 | 社会

当たり前の事がようやく、、、

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20111128/enn1111281242007-n1.htm

民放連は、来年10月1日から
テレビの“音量”の基準を統一する「ラウドネス」を導入する。
これまで、CMになると音がうるさかったり、
セリフが小さく聞こえづらかったりするケースが少なくなく、これを解消する試みだ。

これまでは「VUメーター」という音量測定メーターに従っていたが、
それだけでは番組やCMの音量感を揃えきれなかった。
そこで、人の感じる音の大きさを数値で表す
「ラウドネス」という新しい“ものさし” に着目。
「T032テレビ放送における音声レベル運用基準」という新しいルールを作った。

引用終わり、、

やっと民放が重い腰を上げたようですね、、

昔話ですがテレビを見ていた頃は
CMやアイキャッチなどの大音量は苦痛でした、、、

無神経なメディアに背を向けだしたのは
僕だけでは無さそうです、、
多くの人々が少しずつテレビメディアから距離を置き始めました、、

その効果が出たのでしょうか?
CMに衆目を集めんがため
人の神経を逆撫でするのもお構いなしな民放連中も
ようやく人の言う事に耳を傾けたようですね、、

とは言え、一度離れたお客さんは
なかなかリピートしないのは世の常です、、

上記の措置が実施されても
テレビ離れを食い止めれるかどうかは未知数です、、

数多くのコンテンツ産業が爛熟期を迎えつつある昨今です。
下品なわめき声のお笑い芸人が仕切ってる
バラエティー番組が蔓延るような地上波テレビ業界が
今後巻き返しを図れるのは厳しいものと思いますがね、、、

ところで実施時期ですが
>来年10月1日から とか、、、

今すぐやれよw!
[PR]
by hamanakkotaisa | 2011-11-29 02:23 | 雑記

殺伐たるLFA

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n100206973

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/qanda?aID=n100206973

上記ヤフオク、既に入札は終了していますが
出品者のレクサスLFAオーナーの態度の尊大さは
そうそう見かけないものです、、、

以下、質問欄のコピペ

質問1

初めまして ご質問させて頂きます こちらの車両は平行だと思いますが 
販売国は 欧州ですか?米国ですか?
また 当方広島ですが 現車確認は どちらまで行けば宜しいでしょうか? 
よろしくお願いします

回答

この右ハンドルのLFAは国内で作られた自注生産品になります。
国産バージョンのLFAは1台1台に作られている途中工程の写真が載った物があります。
製作中のスタッフ175人の名前も出ています。
国産品は175台と聞いています。左ハンドルのLFAは 
3.250万円です。国産物が3.750万円になります。
家にあるレクサスは ブレーキキャリパーがゴールドで 
これだけでも高額オプション品で、この車以外に着けてあるのは見た事ありません。
足元のマットも赤で他の車が着けてあるのは見た事がありません。
現車は人気の山口県下関市菊川町 にあります。

質問2

即決は考えておられますか?また、名変後のレクサスディーラーの保障は受けられるのでしょうか?

回答

車が車なので即決は心打たれる金額でないと考えません。
名変後に近くのディーラーに持ち込み、点検、保障の継続手続きをすれば出来ます。
ディーラー以外、この車の面倒は見れないと思われます。
ディーラーでも販売した事がない窓口が全国に沢山あると思うので、
持ち込めばディーラーの人も物珍しさに驚かれると思われます。

質問4

たびたびすみませんが、当方、抽選の申し込みをして外れたのですが、
その時の規約に2年間は、車両の売却が出来ないと言われた様な記憶があるのですが、
その辺の名義変更等問題なく出来るのでしょうか?

回答

それはアメリカなどのレクサスだけが採ってる措置で国産品では無い措置です。
国産レクサスは現金を払えば、そのような話をするレクサス店は絶対にありません。
貴方様が買う器量・器が無いのは手に取るように解りました。
オークションはまだ続きます。質問欄は色々な人が見る所です。 
恥をかいてください。貴方のIDは10日間近くこの質問で恥をかく様になります。
国内産は何台かがプレミア価格で取引が行われています。
恐らく、それも解っての質問と思われます。
私はLFAを持てるような人間です。言葉に気負つけないと貴方ごと引っ繰り返しますよ。
これが本物持ってる人間と持ってない人間の温度差です。
このID ninja997hid 捨てるしか無いですね

(注 まさに極めつけの上から目線な対応ですwww)

質問5

I just view your Auto auction.yahoo.co.jp. is this still available for sale?
Please Reply Me direct to my email: williamjoe116149@gmail.com Thanks

回答

日本語でお願いします。

(注 これぐらいの英文ぐらい理解しましょうwww)

きりが無いのでこれぐらいで抜粋をやめますが
そもそもレクサスLFAを維持出来なくなった時点で
持てるような人間で有る事を放棄した訳ですが
やはりこういう高額商品は
どうしても強気の対応で対処しないといけないものでしょうか?

高額車には然程興味を持てなくとも
この質問欄の遣り取りには
おおいに楽しませてもらいましたwww
[PR]
by hamanakkotaisa | 2011-11-21 22:34 | 雑記

弘史左衛門様 かく語りき、、、

前回の日記の続きになりますが
平田家では喫煙者は外でタバコをたしなむのが
掟となっているようです、、

平田先生(以下弘史左衛門様とお呼びします)と
外でタバコを吸いながら夜空を見上げました、、

今回、僕はマイミクのゆうじ君のアドバイスに従い
自分の作品をプリントアウトして弘史左衛門様にお見せしました、、、
自己紹介がてら作品をお見せするのが手っ取り早いとの事ですが
ついでと思い、現在レストア中のバイクのエンジンの整備写真を添付し
弘史左衛門様にお渡ししました。

流石メカ好きの弘史左衛門様です、、
バイクエンジンのオーバーホールの写真を見ながら
的確かつ鋭い質問が矢継ぎ早に飛びました。
僕も自身で体感した内容を元に
質問にお答えした次第でありますが
初めてお会いした時の高い壁が
拍子抜けするくらい低くなったのを感じた一瞬でした、、、

ついつい他の同行者の先生方を差し置いて
メカの話に没頭しそうになった所
一人の先生から「いい加減漫画の話をしましょう」とたしなめられ
慌てて話題を戻しましたw

日も暮れ、芳子様の手料理に感銘を受けつつ
様々な話に花が咲きます。

話題の一つで興味深いのが有りましたので抜粋します。
時代劇の資料の話で浮世絵について触れていた一節ですが

弘史左衛門様が僕に問いかけました。
「メカに関わると物事の細かいところが気になるだろう?」
「ネジの大きさやピッチなども気になるよな?」
「物事は色んな形にもふさわしい比率が有って
それに従わないとどうしても見た目がおかしくなる」

僕が漫画のデフォルメについて口を挟もうとしたら
他の作家さんより浮世絵についてどう思うかとの問いに
弘史左衛門様はこう答えました、、
「浮世絵はやたら建物の梁の高さがおかしかったり
物の大きさの比率がおかしかったりする、
劇画の資料としては参考にならん!
西洋絵画を見てみろ、物事の形の比率がしっかりしている!」
「孫子の代まで、数百年先の後世にきちんと伝えるためには
しっかりと物を描かんといかん!」と強く力説されました、、、

作品に対する取り組みもさることながら
普段からの物事に対する審美眼の厳しさこそ
弘史左衛門様の生き様の一端なのでしょう、、

ともあれ、厳しくもあり楽しくもある
様々な話題が飛び出し
話の種は尽きる事が有りません、、、

ちょっと中座し、僕は一服すべくベランダより外へ出て
夜空を見上げながら火をつけ紫煙をくゆらせていましたが
弘史左衛門様も一服すべく外へ出てまいりました、、、

何気ない話題で淡々と会話を交わしているうち
ゆうじ君も表に出てきました。

彼は居合いを弘史左衛門様に披露していましたが
居合いが終わった後、弘史左衛門様がふと一言漏らしました、、

「ちゃんと斬ってみい、、」

そして間をおいてさらに一言、
「本当は相手に斬らせないのが筋だけどな、、、」

僕が口を挟むより早く話題は核心へ進みます。

「相手に争う気を無くす事こそ <武> であろう、、」

「世の中を見てみろ、
くだらん事での争いや殺し合いが絶え間なく起こっている、、」

「人類が皆幸せになる事こそ
本当の叡知ではないのか?」


僕はただ頷くばかりです、、

そしていくつかの話題をはさみ
先程の比率の話題になりましたが
弘史左衛門様が強く言い放ちました。

「表現者たるもの後世に残るべき作品を作れ!
今は駄目でも100年後1000年後に役に立つものこそ
価値が有ろう、、」


これぞ物作りの厳しさなのでしょう、、
僕はそこまで誇れる仕事をしているのか、、、
厳しく自問せねばならない瞬間で有りました

おそらく暗がりの中でも僕の表情のこわばり方は見えたのでしょうか
弘史左衛門様が瞬間にっこりと微笑みました、、

瞬時に安堵感に包まれました、、

夜空に消えていく紫煙が美しく見えた気がしました、、

話題は変わってエネルギーの話になりました、、
僕がバイオマスエネルギーの発電施設の話を振ると
弘史左衛門様はさらに興味深い話題をします。

「地軸の磁気エネルギーが有るよな
微弱な電磁エネルギーだが
それを上手く取り出して発電出来る気がせんか?」

「大気圧は1気圧、ジェット機で上空へ上ると08気圧
もっと上は05気圧になる、、
この気圧差を利用してエネルギーを取り出して見たい、、」

成る程とひざを打つ瞬間でありますが
僕の知識ではきちんと答えるには無理が有りますw

タバコ2本分消費の短い時間の会話に
様々な話題を振られました、、、

きちんと答えられたかは不明でしたが
出来る限りの問いにはお答えしたつもりでありました、、

席を中座してもお別れの挨拶にも
含みのある言葉が飛び出します、、

「バイクをやるなら過去の車両や新しいメカも研究せい、、」
「車にも興味を持ち、それぞれの歴史や今後の進歩に
目を配ると良い!」

数分間の別れの挨拶にも抜かりなくお言葉を掛けてくださる
弘史左衛門様でした、、

改めて礼をし、帰途へ就きました、、、

先日の会話をまだ咀嚼してる最中ながらも
僕一人の胸にはしまいきれず
日記に書き起こしてしまいました、、

後世の役に立つ物作りをしてるのかと、
今後の大きな課題を突きつけられましたが
全力を尽くせばいずれ答えは見えると思っています、、、

追記、ちょっと閑話休題、、

宴の席で弘史左衛門様よりの問いかけですが
同行者の中で未婚者は居るのかとの問いを投げかけられました、、

僕を含む数名がおずおずと手を上げたところ
弘史左衛門様がこう言い放ちました、、
「道端の虫けらを見てみろ、昼も夜も見境無くハメてるぞ!
おぬしらも早く所帯を持たんと、、」


僕がちょっと口を挟みました。
「えっと、俺ら虫けら以下って事で、、、?」
一同大爆笑でした、、、

e0080201_16173028.jpg
e0080201_16175469.jpg
e0080201_16181126.jpg

[PR]
by hamanakkotaisa | 2011-11-18 16:20 | 漫画

平田弘史先生宅訪問

久しぶりの日記更新です。

作画とバイクメンテの間ながらも
マイミクのゆうじ君に誘われて
劇画界の巨匠たる
平田弘史先生のお宅へお邪魔しました、、

千葉から静岡の伊東市へ
風が冷たくとも好天に恵まれ
愛車K75で海沿いのワインディングロードを堪能しつつ
待ち合わせの富戸駅に到着しました、、

待つ事10分、
先に平田先生が愛車で到着、

実は平田先生とは数年前より
ネット上での交流が有りましたが
きちんとお会いするのはこれが初めて、
多少緊張しつつも
先生に声を掛けてご挨拶したら
僕の事を覚えてくださったのは感激でした、、、

やがて駅よりゆうじ君始め
貸本時代よりのベテラン作家
甲良先生や下元先生など数名の作家さん方が到着、
平田先生の車に同乗して自宅へと向かいました、、、

先生宅へ到着後、
平田先生が自宅の中を案内されていましたが
僕は図々しくも旋盤やフライス盤などが鎮座している
工房を拝見したいとの申し出をした所、
平田先生はそれを快く承諾していただきました、、

そして平田先生の工房へお邪魔しましたが
まさにそこら辺の町工場を凌ぐ位の工作機械の数々、、、
ひたすら圧倒されました、、、

奥様の芳子夫人からはゴミ小屋と罵られてるようですがw
僕から見ればまさに宝の山!
平田先生の工房なら高い特殊工具なんかサクッと自作できるのです、、
機械いじりを生業や趣味とする人なら
平田弘史先生の環境をきちんと評価するはずです、、、

そして仕事部屋兼音楽スタジオへ案内されましたが
これも数台のmacマシンや多くの音響機器がひしめく作業環境です、、

改めて平田先生のこだわりに圧倒される一幕で有ります、、、

来訪者一同、平田先生の案内であちこちをお邪魔していましたが
僕はさらに図々しくも平田先生にお願い事をしました。

僕の愛車K75にまたがってもらい
記念撮影をお願いしたところ
これもまた快諾していただきました、、

で、画像は僕のK75と平田先生、、
以外と(失礼)様になってるので驚きましたが
実は平田先生も若い頃はバイクに乗っていたとの事でした、、
e0080201_18562451.jpg


そしてK75に甲良先生と下元先生が同乗し3人乗りw
かつての貸本劇画界の御大3人がバイクに同乗するという
貴重なショットを収める事が出来ましたw
e0080201_18541396.jpg


その後、奥様の芳子夫人より手料理が振舞われ
先生方は剣菱に舌鼓を打ちつつ様々な話題で盛り上がり
時は楽しく笑い声が絶える事無く過ぎていきました、、

ところで平田先生ですが
実際お会いしてお話させていただいた感想ですが
常に本音で生きている方であることを
改めて再認識させていただきました、、、

時には人によっては気になる台詞も有りましょうが
平田先生は本音かつ筋道の通った論調で話しをされます、、
聞けば納得出来る内容なので素直に話を聞く事も出来ますし
聞き手を思いやる一面もある方です、、

まさに「お父さん物語」そのまんまのお方でした。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B3%E7%94%B0%E5%BC%98%E5%8F%B2%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%88%B6%E3%81%95%E3%82%93%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E5%B9%B3%E7%94%B0-%E5%BC%98%E5%8F%B2/dp/4883791769
ご覧になっていない方は一読の程をお勧めいたします、、、

宴もたけなわとなっていましたが
僕は家事都合で中座せざるを得なくなりました、、、

平田先生はじめ同行の先生方に別れの挨拶をして
平田弘史先生宅を後にしその日のうちに帰宅しました、、、

今回は短い時間ながらも
得る物が多い平田先生宅への訪問でした、、

御歳74歳でしょうか
今尚、現役で作家を続けている平田先生は
絶対的な権威であり僕らの精神的支柱で有りますが
本人は気さくで気の細やかな方でした、、、

機会有ればご迷惑にならない程度に再訪したいものです、、

この場ながら平田先生と芳子ご夫人に
改めて御礼申し上げる次第であります、、、

平田弘史先生HP
http://homepage.mac.com/h.hira/Sites/index.html

追記
「お父さん物語」で出てきた
ヤマハパッソル改サイドカー
現在不動とのことですが
機会有ればレストアのお手伝いをさせていただきたいものです、、、
e0080201_18543354.jpg

[PR]
by hamanakkotaisa | 2011-11-17 18:57 | 漫画

あの頃が夢のような、、、







80年代の話で恐縮ですが
当時は国産各バイクメーカーが
毎年2~3種類以上の
原付ニューモデルを投入していました、、

動画は当時のCMですが
ゴールデンタイムにガンガン広告を打ってますし
雑誌を開けば月数台ペースで
ニューモデルの発表が有った時代でも有ります、、、

昨今の寂しい二輪市場からすると
まるで夢のような話ですが
何よりも当時は10万以内で新車の原付が買える
(保険、登録諸費用込み)状況でも有りました、、

やはり手頃な価格帯のバイクを投入する事が
ユーザーの裾野を広げるのには
うってつけな手段と思いますが
流石にチョイノリのようなチープモデルは
ご勘弁願いたいもので有ります、、、

手頃かつ、それなりの性能のモデルを発売する事が
今後のバイク業界の活性化に道筋を付けるのではと
感じました、、

今年の東京モーターショーで
そう云うのが有れば良いのですが、、、
[PR]
by hamanakkotaisa | 2011-11-11 22:43 | バイク

免許更新

5年ぶりの運転免許更新のため
地元の体育館へと足を運びました、、

通常は都道府県の運転免許試験所へ行くのですが
僕の場合、お蔭様で優良区分となりましたので
地元の警察署で手続きして
体育館での講習を終え、新しい免許を受領出来ました、、、

今更でしょうが新しい免許書には本籍の記載が有りません、、
ICチップで管理されていますが
2つの暗証番号を忘れないようにと
メモも一緒に受け取りました、、、

まあ、お巡りさんも個人情報の取り扱いには
充分留意してるでしょうが
何かの拍子で流出する可能性も否定できません、、

何でもかんでも機械任せだと
いつか足元をすくわれそうなので
充分な対処をお願いするばかりですが、、、

あと、原稿も無事納品出来ました、、
関係者の皆様、有難う御座います。
[PR]
by hamanakkotaisa | 2011-11-04 19:14 | 漫画
line

社会の主役ならずとも 浮世の末席より世を見渡す、、、


by hamanakkotaisa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30