浜名っこ大佐blog@仮設

hamanakkot.exblog.jp ブログトップ

チャンプロード廃刊に寄せて、、、

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1609/06/news071.html
2016年09月06日 11時51分 更新
ヤンキーのバイブル「チャンプロード」11月26日発売号で休刊へ
29年の歴史に幕
(追記あり)休刊が決定したのは9月5日とのことです。
[Kikka,ねとらぼ]

不良文化を応援する雑誌「チャンプロード」が11月26日発売号をもって休刊することが、
チャンプロード編集部への取材で明らかとなりました。

1987年に創刊した「チャンプロード」は“ヤンキーのバイブル雑誌”と呼ばれ、
読者が投稿した愛車カスタム写真、ファッションスタイルなどが人気を博していました。

ねとらぼ編集部の取材によると、休刊が決まったのは9月5日のことで、
出版元の「笠倉出版社」の意向とのこと。

引用終わり

珍走嫌いの皆様にとっては朗報たる
チャンプロードの廃刊(あえて休刊とは呼ばない)が公表されました。

思えばこの雑誌で拙作「イケイケチューンでGOGO」を執筆して8年余り、
前編集長失脚と雑誌リニューアルに伴い
体よく追い出された立場ですが
かつての編集部に足げく通い、漫画は勿論のこと
思いつくままに企画を提出していた僕の意見として
今回の廃刊までのいきさつを語りたく存じ上げます。

尚、関係者各位への詮索を避けるべく
幾つかの話は意図的に不正確に記載し
あえて僕の思い込みも幾つか記入しています。
ご了承ください。

さて、かつての掲載誌たるチャンプロードですが
まあ、それなりに安定した売り上げは確保していたものの
長引く出版不況にさらされ徐々に売り上げを落としていました。

で、この手の雑誌の生命線でありますが
いわゆる「編集費」は雑誌掲載の「広告費」で賄われ
そこから人件費や外注費(原稿料など)
取材費や印刷などの固定費をペイしていました。

この時点で雑誌を運営する最低限の経費は確保しましたが
次は雑誌本体の売り上げがキーとなります。
売れる雑誌は読者の目に広告が留まるとみなされ
さらに多くの広告を確保できますが
売り上げが下がればその逆で
広告の掲載が減少し雑誌の運営が厳しくなります。

結果チャンプも御多分に漏れず
いくつかの雑誌広告のクライアントを逃し
運営が厳しくなっていました。

そこへ笠倉の上層部、正確には新社長と営業が乗り込み
いわゆる「テコ入れ」と称し
お気に入りの編集プロダクションの代表を新編集長に据えて
旧編集部と連載陣のいくつか(僕を含む)を放逐した末
1か月の猶予期間を経て新装「チャンプロード」として
リニューアルw しました(草

ちなみに新社長と
お気に入りの編集プロダクションの代表も
バイク、車の知識が豊富とは言いがたく
残念ながら雑誌運営のノウハウも涵養してるとは見えず
ある種の浮ついた空気の中で仕事をしていたと
思われます。

そして新装開店後の雑誌の売り上げはまあまあながらも
月日を経るにつれじわじわと売り上げを落とし
しまいには刷り部数×××××部
実売○千部という
えっちな同人誌以下の売り上げしか確保できませんでした。

まあ、原因は雑誌をめくれば即座に理解出来ますが
まずは紙面のレイアウトが雑で素人丸出し、
記事も過去の使いまわし、
編集費を削られたのか
漫画家やライターさんに払う外注費もけちっているせいで
何もかも「薄っぺらく」仕上がっているのが
新装チャンプロードの体たらくです。

実は連載打ち切り後の僕のメールボックスにて
かつての読者さん達より打ち切り後の新連載掲載先やら
新装チャンプロードの愚痴などを賜りました。

今なお新連載のめども立たず
新装チャンプロードの内容の薄さでお叱りを受けながら
新装チャンプに対し忸怩たる思いばかり募るばかりで有りました、、

そして雑誌はとある号の表紙にて致命的なミスを犯しました、、、

雑誌の表紙がいかついあんちゃん達の上半身入れ墨写真で
それを威圧的に見せびらかして掲載してしまいましたが
これはコンビニ雑誌流通の内部規定で
完全アウト
「今後の流通不可」案件であり、全国のコンビニに配本されなくなりました。

ま、そんな事してりゃ売り上げは落ちるよなぁ、、、

かくしてチャンプロードは必然的に
「廃刊」への道を転げ落ちました、、、

さて私見ながら今回の廃刊に対する感想です。

本来、暴走族、ヤンキー文化は
ある意味取り扱いが難しい取材対象であり
知らない人が手出ししずらいジャンルであります。

前編集長はそこら辺の「人を読む」バランス感覚に長けてるのか
上手く立ち回って10数年にわたり雑誌を維持、運営していました。
しかし新編集長はどうもその辺の
人の深層を読む「立ち回り」の上手さが欠けてるように
見受けられました。
これはある意味「致命的」な瑕疵であります。
雑誌は紙面製作ばかりではなく
読者さんの「気持ちを読む」作業こそ最重要課題であると確信しています。
読者さんを見下す態度で仕事に臨んでも
そんな横柄さは直ぐに見透かされてしまいます。

読者さんが雑誌を見限るのは「必然」でした。
出版不況とは関係なく新装チャンプは潰される運命を
受け入れてしまったのです、、、

以上、今回のいきさつを
取り急ぎながらもまとめてみました。

様々な雑誌が休刊の憂き目にあっています。
それは全部が出版不況のせいとは限らず
舵取りの失敗故の休刊も幾つかある話です。
雑誌は「読者」を読む作業こそ最優先であると
再認識せざるを得ない今回の事例もありました。

そう、ご挨拶をしなければなりません、、
雑誌を離れて数年経ちましたが
この場ながら読者様には御礼差し上げる次第であります。
「今までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。」
[PR]
# by hamanakkotaisa | 2016-09-06 22:40 | 漫画

今年も祈りを捧ぐべく、、、

ここ数年ですが
終戦の日を避け
昨日のうちに靖国神社へ参拝しました。

僕個人の意見ですが
英霊や戦災被害者に祈りを捧げるのに
終戦の日にこだわる必要を感じず
前後の日にちで参拝したほうが
落ち着いて過ごせると気づいたからです。

とは言え、流石に昨日は日曜でしたので
それなりに込み合っていましたが
終戦の日より比較的穏やかな雰囲気で
境内を散策出来ました。

画像は鳥居と遊就館。

兵器もさることながら
蒸気機関車も見応えがあります。

出来れば海外の博物館のように
動態保存出来れば良いのですが
予算が有ればねぇ、、、
e0080201_1493973.jpg


e0080201_150022.jpg


e0080201_1501479.jpg

[PR]
# by hamanakkotaisa | 2016-08-15 01:50 | 社会

命が惜しいのなら、、、

気になるつぶやきを目にしました。

戯言とは否定しきれないある種の「どす黒さ」を感じました、、、
心当たりが有る方、
命の惜しい人は今すぐ逃げたほうが良いでしょう、、、

“98:名無しさん@1周年:2016/07/31(日) 09:29:17.04 ID:ycA0alUM0.net
実を言うと民進党はもうだめです。
突然こんなこと言ってごめんね。
でも本当です。

7月31日の20時に
ものすごく赤い鳥が落選して地に堕ちます。
それが終わりの合図です。

程なく大きめの総括が来るので気をつけて。
それがやんだら、少しだけ間をおいて
本当の粛清がきます。”
[PR]
# by hamanakkotaisa | 2016-07-31 21:10 | 社会
line

社会の主役ならずとも 浮世の末席より世を見渡す、、、


by hamanakkotaisa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30