人気ブログランキング |

浜名っこ大佐blog@仮設

hamanakkot.exblog.jp ブログトップ

さようならTV

受信機器購入等支援の実地方法にかかる検討結果の中間報告(pdf) 総務省

上記リンク先pdfなので閲覧の際はご注意下さい。

リンク先の内容ですが掻い摘んで言えば
地デジチューナーの配布と引き換えに
NHKとの受信契約を締結させると言った内容です。

総務省「NHKと契約しないとチューナーはやれん」
俺   「じゃあいらないよ!」

結論から先に言いますと
上記のやり取りになりますが
これでは実も蓋も無いので
少し申し添えます。

これ、どう見てもNHK救済策ですよね。

地上波終了と共に
既存メディアの立ち位置が大きく揺らぐのは
ほぼ確定ですが
その中での一番大きな規模のNHKとしては
今までの殿様商売を根幹から揺るがす状況とも為ります。

NHKもそれなりに面白いコンテンツを有していますが
さて全てがそうかとは言えないのもご承知の通りですよね。

漫画に喩えて言えば
好きな漫画を単行本で楽しむ読者に
無理やり雑誌での購読を強制するような物です。

これだけネットで動画を楽しめるこのご時世に
何故、ダウンロード販売に力をいれず
電波利権にしがみ付いて商売を成り立たせたいのか
僕にはちっとも理解できません。

勿論ニュースやスポーツの生中継放送と言う
必要性も酌んでの話ですが
公共放送と喧騒している癖に
妙に偏向した報道を垂れ流したり
特定の国に肩入れした番組を押し売りしたりするのは
どうかと思っています。

公共放送と謳ってるのなら
報道だけで結構ですので
国民が知りたい事は出来るだけ無償で放送すべきです。

「知る権利」と言う民主主義の必須要件は
あくまでも無償隅々まで国民に提供すべきと思いますし
それが公共放送の責務とも思います。

その代わり、スポーツ、ドラマなどは有料で構いません。
あ、でもドキュメンタリーは出来が良いので
出来れば無料でお願いしたい物ですがw

さて、2011年を境に
既存メディアの阿鼻叫喚の地獄が始まりそうですが
僕は既にテレビを自宅に置いていません。

パソコンから携帯へ、もしかしたら違うメディアが
立ち上がりそうです、、、

僕らが馴染んでいる情報の
配信手段はこの先、大きく変貌しそうです。

コンテンツ配信の末席を汚す身分ながら
その事を肌身を以って感じています。

2011年から先でしょうが
新しい情報端末が手に馴染んだ時
ある種の感慨をもって、こう呟けるでしょう。

「さようならTV」と、、、
by hamanakkotaisa | 2009-02-11 05:16 | 社会
line

漫画家浜名っこ大佐です。ご意見無用。


by hamanakkotaisa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31