人気ブログランキング |

浜名っこ大佐blog@仮設

hamanakkot.exblog.jp ブログトップ

2006年 06月 14日 ( 2 )

先程の日記にも関連するかな?


リンク切れに備えて記事を引用させていただきます。

あの「464.jp」が再開?

(ITmedia - 06月13日 16:27)

人気漫画を無断でネット公開したとして有罪判決を受けた
「464.jp」運営者のものとみられる日記サイトに
「再開に挑戦しようと思います」という書き込みが。

人気漫画を無断でネット公開したとして有罪判決を受けた
「464.jp」運営者が記しているとみられる日記サイトでこのほど、
「もう一度464.jp再開に挑戦しようと思います」という書き込みが更新され、話題になっている。

同サイトは「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「MONSTER」「ラブひな」など
9作品のデータを権利者に無断でネット公開していたとして、
運営者ら3人が著作権法違反の罪で起訴。福岡地裁は5月、
運営者の男らに執行猶予付きの有罪判決を言い渡していた。

日記では、6月8日付けで「大勢の会員の方からの励ましのメール」で
再開に挑戦することを決めたと報告。
「子供の文字離れを防ぐにはやはり日本の文化である漫画が効果を発揮すると思います」などと理由を説明した上で、「また464.jp上で漫画が見れるようにいたします」と記している。

同サイトは無料で漫画を読めるのが売りだったが、
「著作権料を支払う仕組みを提案した」などとして逮捕直前に有料制の登録受け付けを始めていた。

こいつちっとも懲りていないね、、、

前回の漫画公開時には
同業の先生方が結構ブチギレていましたよ、、、
出所してから版権許可を得ようとしてますが
そんないわく付きのサイトに許可出す訳無いでしょう。

まあ、ちゃんと合意を交わして運営するのなら
納得できますが
二度とズルだけはしないでもらいたいものです。
by hamanakkotaisa | 2006-06-14 00:08 | 漫画

最近の子供たち


http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2075067/detail?rd

上記リンク先の記事ですが
これが本当だとしたら
漫画の表現方法を改める必要がありますね。

リンク切れに備えて一部引用させてもらいます。


難しい純文学が
「頭に入ってこなくて、わかんなぁ~い」というのなら、
まだ同意できよう。がしかし、
「マンガが難しくてわかんなぁ~い」ってのは
どういうことだ!?
最近は「ふきだし」や「コマ割」など、
マンガを読み進めるためのルールを理解できず、
マンガを読むことができない子供がいるのだという。
「コマ割」がわからないってのは、
まあ、今まで一切マンガに触れたことがないチビっ子なら
仕方ないのかもしれないが、
「ふきだし」がわからないって・・・
マンガの要じゃないの!一体なぜこんな現象が
起こってしまっているのだろうか?
「インターネットや携帯電話、ゲームなど、
マンガとは別の文法を持った
紙媒体以外のビジュアル情報が増えたことが
一番の原因だと思います。
マンガの読み方は誰かに教わるものではありません。
マンガに触れる機会が減れば、
マンガの文法に慣れ親しむ機会が減るわけですから、
読むときに戸惑いを覚えるのは当たり前なんです」
(京都精華大学マンガ学部 吉村和真助教授)
 
確かに一昔前まではインターネットや携帯電話は
今ほど普及しておらず、
ビジュアル的なエンタテインメントといえば、
マンガやアニメ、ゲームぐらい。
「マンガ=超ポピュラーな娯楽」と捉えていた子供も
少なくなかったであろう。
そんなわけで、マンガの約束事は、
楽しんで読んでいくうちに自然と身についていったはず。
「マンガの読み方がわからない子供がいる」
ということ自体も心配なのだが、
ニッポンの誇り高きマンガ文化が
衰退していってしまうんじゃないか!? 
そこんとこ、大丈夫なんでしょうか?


上記引用文章にもありますが
携帯サイトやメールの日常化により
長文コンテンツに抵抗感がある若い読者が増えたのが
最大の原因だと推測できます。

さて、これからはビジュアル重視の絵物語形式で
漫画を製作しなければいけないのでしょうか?

自分の漫画に限って言えばハウツー物なので
そのような手段は取れませんが、、、
by hamanakkotaisa | 2006-06-14 00:03 | 漫画
line

漫画家浜名っこ大佐です。ご意見無用。


by hamanakkotaisa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー